風邪はひきはじめが肝心  

社会人になって食生活は乱れに乱れ、睡眠時間は約4時間という不摂生な生
活を続けてはや○年。そんな生活を続けていても、意外と元気だった私もつい
に今年の風邪には完敗しました。
 予兆は日曜日の昼頃に始まりました。その日は朝から団地の定期清掃があり、
薄曇りの中、外で小1時間ほど掃除や草むしり。たぶん、この時ちょっと薄着
だったのがいけなかったんでしょうね。昼食は近所のそば屋に出かけるも大好
きなとろろそばが何だかあまり美味しくなく、そのおそばがずっと胃もたれし
ちゃってて、おやつは小さなゼリー1個しか食べられず。何か不調だなと思い
ながらも、夕食を買いに外出。夫のリクエストもありこの日のメニューはすき
焼きの予定で、私もすごく楽しみにしていたのですが、何だか全然食欲がわか
ず、結局材料だけ買って帰って、夫にすき焼きは作ってもらいました。
 もうこの頃は、異様なのどの痛みとともに嫌な寒気が襲ってきてて、動くと
頭がずきずき。風邪をひいたと確信しましたね。とりあえず、痛み止めを飲ん
で、すき焼きを食べ(食い意地が風邪に勝ちました)、大河ドラマを観てからそ
のまま寝ることに。
 21時に就寝なんて、ホントに久しぶりでした。寝る前に何もしないで眠れ
るということがこんなに幸せだったなんて・・・。布団の中で読もうと持ち込
んだ読みかけの本を開く間もなく、瞬間で眠りに落ちていました。
 当初の計画では、風邪のひきはじめだった日曜日の夜早めに眠ることで、朝
起きたら風邪が完治しているはずだったのです。ところが、何と起床時間の3
0分前、喉の猛烈な痛みで目が覚めました。どうやらもう昨日の時点で既に完
全に風邪をひいてしまっていたようです。つばも飲み込めないほどの痛み。月
曜日の朝は大事なミーティングがあり、遅れて出社することもできません。泣
きそうになりながら、とりあえず着替えて、いつもの習慣で飲んだコーヒーが
びっくりするくらい激マズ(風邪のせいで味覚が変)でまた泣きそうになります。
やっかいなことにこの風邪は咳も熱も出ず、体調が悪いのにそれがなかなか皆
に伝わらないのがもどかしかったです。まあ、具合があんまり悪そうに見える
のも社会人としてどうかなと思いますが。何とか倒れずに会社で就業時間を過
ごし、帰りの電車で爆睡し、いつもより早めに帰宅。ホントは雑炊とか食べた
い気分だったのだけど、何と昨日のすき焼きが大量に余っていて、再び夕食に
すき焼き。ああ、せっかくのすき焼きなら、もっと美味しいと思える日に食べ
たかったなと思うと悲しくなるので、何も考えずとっと寝ることにしました。
 今度こそ朝起きて完治しているはずだったこの風邪。何と火曜日の朝には鼻
風邪に生まれ変わっていました。鼻にティッシュを詰めたくなるほどの大量の
鼻水。今私の鼻の下は真っ赤であります・・・。