腰を大切にしましょう。  

腰を大切にしましょう。生活習慣が大きいようです。特に姿勢が良いかどうかということは重要なポイントですね。
勉強する時とか会議や発表会のときに姿勢がどうなっているかを注視する必要があると思います。
日本人は背をかがめて座っている癖が若いうちからあるのが気がかりなのではないでしょうか。
長い間の癖はなかなか治らないというか、本人の強い自覚がないとだめなようですね。
姿勢が良くて活動的なのは誰から見ても前向きの姿勢だと感じられます。姿勢が良ければ勉強の能率も上がることでしょう。
また、整理整頓が好きなのは姿勢の良し悪しとも関係があるようです。毎日の自分の姿をどれだけ意識しているかということが
もっとも大切な点だと思われますね。
腰が痛いと重いものを持ち上げることができなかったり、早く歩けなかったり、階段の上り下りがきつくなったりと、
日常生活に支障が出てきてしまいます。
そうならないように、運動の一環として姿勢を伸ばして正しい歩行をすると効果的だと思いますね。
人類の祖先はサルだということですが、それも4本の足から、立って行動する今の手足に変わっていきました。
人間らしくなったということは姿勢が良くなったということの証明だということですね。
このため、今日からでも良いので悪い姿勢とおさらばして良い姿勢で食べたり勉強したりする生活を始めたいものです。
家族で集団での生活においても良い姿勢で活躍されることを期待したいものです。